スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また会おうね

久し振りの記事なのに、残念な話題で申し訳ありませんが
7月14日深夜01時30分に、フェレ長男ぽんちんが、息を引き取りました

今年初めに体調を崩してから、一旦は回復したように見えたのですが
その後一進一退から、一進二退になり
先日、一晩で数十回の嘔吐を繰り返してから、回復することはありませんでした

最後はおっさんと私に看取られて、苦しむ事なく、静かに静かに短い一生を終えました
月並みですが、失って改めて、その存在の大きさに気付かされます
G・Fのちょびちゃんも、ぽんちんが何処かに隠れていると思って、部屋をぐるぐる探しています

夏であろうと、人のヒザの上で眠るのが好きだった、ぽんちん
寿命の長短で、幸せは決まらないと言いますが
あれだけ寂しん坊だった彼を、もっと時間を割いて遊んだり、甘えさせてあげれば良かったと思います
「楽しい幸せ」と、思ってくれる時間を、もっと作ってあげるべきだった。。。

ぽんちんが生きた5年間は、私にとっても激動の期間であり
もはやペットと言うより、苦楽を共にした、同志のようなぽんちんでした
大袈裟に言うと、ひとつの時代が終わった・・・感じがします

今まで私を支えてくれて、本当に本当にありがとう!
また会おうね

ほんと、また会おうね 約束だよ!
それまでの、しばしのお別れだよ!

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : フェレット
ジャンル : ペット

ぽんちんの経過

調子が良かったり、悪かったりを繰り返す日々ですが
最終兵器(でもないか)の、ステロイドを一週間ばかり続けて、かなり良くなってきました
それでもたまに「オェオェ」してますが、以前に比べたら格段に調子が良さそう♪
恐るべしっ ステロイド


bessou1_convert_20080419212533.jpg  bessou2_convert_20080419212620.jpg
別宅で眠る、ぽんちん
フェレには本宅と別宅まであるのに、飼い主は別荘どころか持ち家も無い、賃貸住宅生活ぅ


bessou3_convert_20080419212655.jpg
巨大な寝袋で寝ている感じ


ステロイドの副作用として、食欲増進があるのですが
これを利用して、落ちた体重を取り戻そうね~
以前に退院サポートの缶詰の事を書きましたが、あれに飽きてしまい
またi/d缶に戻りました。そう 粗びきタイプなので、ミキサーにかけて更にうらごしして食べてもらってます。。。(ブツブツがあると嫌みたいです
私の日課も増えたけど、ぽんちんの為なら エンヤコラ~

テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

その後のぽんちんと、粗びきi/d缶と退院サポート

「巨大食道症」疑惑があった、ぽんちんですが
先週バリウム検査をしました
こんな頑固者が、バリウムなぞちゃんと飲んでくれるか心配でしたが
最初は拒否っていたものの、素直にゴクゴク飲んでいたそうです(好きなのかっ?バリウム)

結果は正常でした

以前かなり嘔吐してたので、食道や消化器官が炎症を起こしていたようです
気候も不安定で、シニアに足を突っ込みかけた、ぽんちんにとっては
若い頃と違って、治りも遅いのかも知れません(ピロリ菌疑惑もありました)

やっとこさ、回復の兆しも見えたのですが、いつものカリカリフードは何故か食べられません 
そこで強制給餌の定番『i/d缶』を食べさせているのですが・・・
umauma7.jpg
ムースのような滑らかだった物が、いつの間にか「粗びき」の新製品に変わっていて、そのままではシリンジが詰まってしまいます!  ぽんちん用にミキサーを買って、ツブツブを粉砕していたのですが、当の本人はお気に召さない様子・・・

病院で相談すると「最近こんな新製品が出ましたけどぉ」と↓
umauma8.jpg
はい、買いました「退院サポート」です


umauma1.jpg umauma3.jpg umauma6.jpg

↑ちなみにこれは「旧i/d缶」を食べてます(もう無くなりましたが・・・)
食べた物が逆流しないように、立ってたべさせてますが、普通の子はもっとリラックスした体勢で、食べさせて下さいませ

療養食で、強制給餌しやすい食べ物って、あるようで案外選択の余地が少ない気がします
普通のフードって、たくさん種類があるのにね・・・
もっとバラエティに富んだ味の療養食って、開発してくれないかなぁ

テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

巨大食道症の疑い?

調子が良いのかと思えば、また「げっぽー」と吐いてしまう、ぽんちん
あれこれと投薬と、強制給餌で元気にはしているのですが
どうも、すっきり治りきれません

食べた物を吐き戻すというよりも、唾液か胃液みたいな透明な液体を
苦しげに吐き出すといった感じです
一度吐くと、胃液が上がった気持ち悪さからか、何回も何回も嘔吐するので
見ているだけで、涙がちょちょ切れそうな思いになります

そこで、浮上してきた病名が
「巨大食道症」


病院でも、犬ならば手術が可能ですがフェレットの場合、手術は不可能で、対処療法しかないと
言われてしまいました
あ、でも 巨大食道症と決まった訳ではありません
バリウム検査で判明するので、近々 これをしなければいけないかも・・・です


ぽん②   ぽん①


1.5㎏あった、堂々たる体躯も、今や1㎏になってしまいました
軽くなった体が、切なすぎます

本人は身軽になったからか、吐き気が無い時は、以前よりも行動的に遊んでいます
ん~ 心配事は尽きないこの頃です

テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

自宅皮下注射

相変わらず不調の、ぽんちん
それというのも、飲み薬を泡吹いて拒否する為、薬が飲めていない可能性大
これでは、薬が効いているのかどうか、わからないので
相談して、注射を治療に加えました(もう何回も薬を替えても、拒否を貫いてます)

注射だけで病院へ通うのも、負担になる為
自宅で注射です

っちゅう事は、私が皮下注射をするのですよ


CA3A0016.jpg  CA3A0017.jpg

ちゃんと「針」の付いている注射を、ぽんちんの背中にぶすっと刺すのですよ~
いろいろしましたが、皮下注射だけは、私やった事ありません
しかし、可愛いぽんちんの為なら、何でもやらせて頂きまっす

病院で注射の仕方を教わり、一応飲み薬も貰って帰りました
生き物を飼っていると、何でも出来るようになるのね。。。



CA3A0014.jpg  CA3A0015.jpg

ガールフレンドのちょびちゃんも、元気なぽんちんをイジメたい、いや一緒に遊びたいだろうにね


CA3A0011.jpg CA3A0010.jpg CA3A0009.jpg

↑旨そうに飲んでいるのは、ウォルサム(ロイヤルカナン)の猫&犬用の免疫サポート
これは重宝してます!少量で高カロリー、味も動物の種類を問わず好きな味(ミルク味)なので、ぽんちんもこの時だけは、嬉しそうです


今度はお薬が効いてくれますように
・・と言うか、飲み薬をちゃんと飲み込んでおくれよね ううっ
そうじゃないと、注射だよ! しかも私がするんだよ!
そのへん、ちゃんとわかってね

テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

プロフィール

こみのこ

Author:こみのこ
フェレット2本&スコにゃんこ&おっさんとの織り成す日常を綴るおばたんです

かんた:スコティッシュ♂
ぽん:ミスティック・フェレット♂   2008.7.14永眠
ちょび:ファーファーム・アンゴラフェレ♀
おっさん:だんな♂
こみのこ:年齢性別は企業秘密

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア


FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。